日焼け止め 悩み

日焼け止めを塗っても化粧崩れしない方法とは? 化粧が崩れる原因などをご紹介!

紫外線が強くなる季節。美肌を大切にしている女性にとって日焼けは大敵ですよね。特にフェイス周りはどうしても焼けたくない。

だけど、お化粧をする前に日焼け止めを塗ると化粧崩れしてしまうという女性は多いのではないでしょうか?お化粧の前に塗る下地として日焼け止めを塗るには、ちょっとしたコツがあるんです!

今回は日焼け止めを塗っても化粧崩れしない方法や、そもそも日焼け止めの下地を塗って化粧崩れしてしまう原因などをご紹介いたします。

【クーポン利用で10%OFF】紫外線予報 ●透明UVスプレー SPF50+ PA++++ 150g 石澤研究所 / 日焼け止め スプレー UV対策 UVケア 紫外線カット 紫外線 対策 UVカット | 日焼け 顔 日焼け防止 子供 ウォータープルーフ 紫外線対策 uv 髪

日焼け止めを塗っても化粧崩れしない方法とは?

日焼け止めを塗っても化粧崩れしないためには、以下の3つのことがとても重要です。

①塗りすぎない

②保湿が重要

③化粧直しアイテムを日焼け止め効果のあるものに変える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①塗りすぎない

ついつい日焼けしたくないあまり、日焼け止めを多く塗りすぎてしまっていることはありませんか?日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダーと、これだけのものを顔に乗せたらどうしても崩れてしまいます。

そのため、必要最低限の量と薄さだけでカバーしていくことが大切。日焼け止めも化粧下地もだいたいパールの粒1個分をむらなく塗ります。このとき、指全体を使いながら面積の広い頬の部分からなじませていくのがポイントです。このあとのコンシーラーも同様に、塗りすぎないように気を付けましょう。

②保湿が重要

日焼け止め以前に崩れないメイクにしていくには、とにかくスキンケアとして保湿がとても重要。上記でもお伝えした通り、塗りすぎはベタベタになり、化粧崩れを招いてしまいます。

お化粧をする前に十分な保湿ケアをしておくことが大切なのです。保湿をすることで崩れないメイクを作るためのしっかりとした土台となってくれます。

まずはお化粧をする前にパックをしたり、前の夜から保湿成分が多く含まれた化粧水や美容液を使ったりすることで、日焼け止めをはじめ、メイク自体をしっかり肌に定着させてくれます。

暑くなる季節になると、ついつい乾燥対策を忘れがちになってしまいますよね。エアコンがついている部屋にいることが多い人は、夏でも保湿対策をしっかり行いましょう。

③化粧直しで使うアイテムを日焼け止め効果のあるものに変える

さらに日焼け止めを落とさず化粧崩れを防止するには、化粧直しのアイテムを日焼け止め効果のあるものに変えてしまいましょう。まずはSPF値が記載されているファンデーション(パウダータイプ)やフェイスパウダー(おしろい)を使うこと。

この2つのアイテムを使うことで、日焼け止めを塗りなおさなくても簡単に日焼け予防ができ化粧崩れを防ぐことができちゃいます!実は下地の前に塗っている日焼け止めの効果は持続性があまりありません。

そのため、せっかくお化粧がしっかり乗っているのに、そのお化粧を落としてまた日焼け止めを塗って下地を塗ってファンデーションを塗って……なんてやってられませんよね。

日焼け止め以外のアイテムをすべて日焼け止め効果のある化粧品に変更しちゃいましょう。また、お化粧の上からかけるスプレータイプの日焼け止めもおすすめ。お化粧の崩れを防止する効果もあるので一石二鳥です!

日焼け止めを塗ることで化粧崩れしてしまう原因はなに?

そもそもどうして日焼け止めをぬることで化粧崩れをしてしまうのでしょう?せっかくしっかり塗ったのに、お化粧が崩れまくりだとテンションも下がってしまいますよね。その原因を調べてみました。

化粧崩れの原因とは

化粧崩れの原因は以下の原因が考えられます。

・スキンケアが不十分である
・ベースメイクの塗り方を間違っている
・使っているファンデーションを間違っている
・メイク直しで必要な油分を取りすぎる

スキンケアが不十分

化粧水や美容液、乳液などが肌にしっかりとなじんでいないとスキンケアが不十分になってしまいます。すると肌が乾燥して油分だけ浮き出てしまい化粧崩れの原因になってまうんです。そのままの状態でどんなに日焼け止めやメイクを塗り重ねても無駄。

高級なものを使わなくても、肌をしっかり潤せてから、日焼け止め・下地・ファンデーションといつも通りに乗せていきましょう。

ベースメイクの塗り方を間違っている

スキンケアをして肌をじゅうぶんに潤わせたら、すぐに日焼け止めやベースメイクを塗ってしまうのはダメ!

化粧水などが肌になじんでない状態で日焼け止めを塗ってしまうことでムラになり、お化粧がどんどん崩れてしまいます。できればスキンケアのあとは3〜4分待ってからベースメイクをのせていきましょう。

使っているファンデーションを間違っている

使っているファンデーションが実は季節に合っていない場合があります。夏に冬用のファンデーションを塗っていても油分が多くてお化粧が崩れてしまうのです。汗をかきやすい夏はサラサラのパウダーファンデーションを使いましょう。

また寒い冬場でも紫外線は強いので、日焼け止めをしっかり塗ることが大切。冬は少しオイル成分が高いファンデーションを塗ることで、化粧崩れを防ぐことができます。ご自分が使っているファンデーションがどの季節に対応しているのかしっかりチェックしておきましょう。

メイク直しで必要な油分を取りすぎる

メイク直しをするときに、あぶら取り紙などで必要な油分までとっていませんか?鼻の周辺など皮脂がたまりやすい場所は気になってしまいますよね。しかしこの行動は必要な皮脂まで取ってしまい逆効果。

余計に皮脂が出てきてしまったり、肌が乾燥してしまうことで化粧崩れをさらに招いてしまうんです。ある程度の油分を取ったら、スプレータイプの日焼け止めをつけるのがおすすめですよ。

日焼け止めの前に塗るスキンケアが大切

今回は日焼け止めを塗っても化粧崩れしない方法や化粧が崩れてしまう原因などについてご紹介しました。

化粧崩れを少なくするには、多く塗りすぎないこと。そしてすべての化粧品を日焼け止め効果があるものを使うことでした。そうすることで化粧直しをする回数も減るし時短にもなりますよね。

また一番大切なのは、日焼け止めを塗る前のスキンケア!!朝はなにかと忙しいかもしれませんが、お肌のために少しでも早起きして保湿してあげましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天総合1位 ピコモンテ プレミアム CCクリーム 50ml SPF35 PA+++ UVケア 韓国コスメ ファンデ 日焼け止め 化粧下地 ファンデーション BBクリーム が CCクリーム に UV カット ケア メール便送料無料

アーカイブ